熟睡できないとどうなるのか

 

熟睡できないと人体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。つまり、不快な睡眠が引き起こすデメリットです。不快な睡眠によるデメリットは様々ですが、大きく分けると次のとおりとなります。

 

 

■免疫力が低下し、体力回復の妨げになる

 

人間は動いている以上、常に何かしらのエネルギーを使っています。エネルギー=体力です。熟睡すると、成長ホルモンの分泌が活発になり体力回復につながります。また、免疫力の低下にも影響するため、熟睡はとても大きな役割をもっています。

 

 

■脳の働きが低下する

 

脳の疲れを癒すのは、体力を回復する以上に何倍もの睡眠が必要と言われています。脳の回復が十分でなければ、機能や働きも低下します。脳の働きを向上させるためには、快適な睡眠と熟睡が必要不可欠となります。

 

 

■ストレスが蓄積されて精神的なバランスが不安定に陥りやすい

 

ストレスの原因は“脳が疲労”しているためです。疲れた脳を休ませずに覚醒したままの状態を続けると、ストレスがたまる一方です。その結果、うつ病や精神疾患、不眠症や睡眠障害を引き起こしてしまいます。

 

 

■老化のスピードが速くなる

 

成長ホルモンは、肌の修復や再生、脂肪の燃焼や免疫力の向上を助ける働きがあります。たとえば、古くなった角質を新しい肌へと再生するには成長ホルモンの分泌が不可欠です。熟睡できないでいると、老化のスピードを早めてしまうおそれがあるのです。

 

 

■身体が休まらず、骨髄の生産機能に悪い影響を及ぼす

 

骨髄では白血球や赤血球、リンパ液などが生産されますが、熟睡できなければ血行の促進が妨げられ、これらの機能に障害を及ぼします。その結果、睡眠不足による免疫力の低下と重なり、病気を発症してしまう原因になってしまいます。

 

 

■心臓に負担をかけてしまう

 

人間が生きるうえで血液は欠かせません。全身に血液を送る役割が心臓です。体内で新しい血液が生成されると、心臓が血液を送るためのポンプになります。しかし、熟睡できなければポンプ役の心臓に負担をかけ、ひたすら働かせ続けてしまうこととなるのです。

 

 

■記憶力が低下し、学習や仕事に悪い影響を及ぼす

 

記憶力が向上するのは、脳が動いている「レム睡眠」の状態です。熟睡はノンレム睡眠の状態を表します。ですが、ノンレム睡眠の状態でも90分周期でレム睡眠が訪れるため、熟睡中であっても記憶力は向上します。

 

仮に4時間30分の熟睡が可能となれば、90分の周期で3回のレム睡眠が訪れる計算です。つまり、レム睡眠とノンレム睡眠を融合した“安定した睡眠”が大事というわけです。また、レム睡眠は記憶力を向上させるほかにも、過去の記憶を整理する役割があります。

 

ノンレム睡眠による熟睡は、記憶力を向上させる一方で“脳を整理してリセットする役目”もあるのです。受験シーズンになると、「一睡もせずに試験に望む」といった話を耳にしますが、まるで逆効果となるので注意しましょう。

 

 

そのほかにも、熟睡することができないために引き起こされるトラブルが様々あります。たとえば、20歳を過ぎてから急激に肌荒れがひどくなった方など、熟睡できていない証拠ではないでしょうか。

 

また、睡眠不足は病気を誘発するほか、過労や精神疾患の原因になってしまうおそれがあります。たかが睡眠と侮ってはいけません。熟睡できない状態が続くと、あとから取り返しのつかないことになってしまう場合もあるので、睡眠不足にはくれぐれも注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です