Home » ツボ押しとリンパマッサージで効果てきめん

ツボ押しとリンパマッサージで効果てきめん

リンパの果たす役割とは

Image
リンパ管は老廃物を運び、排泄と四免疫機能を果たす役目があります。リンパ管は全身にわたっています。リンパは、余分な水分や、疲労物質、毒素などの老廃物を運び、体外に排泄し、体の浄化システムの役割を果たしています。また、リンパは、ウイルスなどの異物から体を守る抗体を作成し、免疫力を高め、体を病気や不調から守っています。
 
「浄化」と「免疫」のふたつの役割を果たしており人間の健康維持には欠かせないものなのです。
正常なリンパの流れが健康体といっても過言ではありません。リンパは本来、とても流れにくい性質を持っています。さらに長時間同じ姿勢を続けることや運動不足ストレスが原因で、体が硬くなるとさらに流れが悪くなります。リンパの流れが悪くなると「浄化」機能の低下により、余分な水分や老廃物が体の中にたまります。その結果むくみや冷え、肌荒れなどの原因になります。さらに「免疫」機能の低下によると、疲れやすくなったり、病気になり易くなったりと、アレルギーが引き起こされたりするなど、さまざまな問題が発生します。このようにリンパは、美容面、健康面において、関係が深いのです。
 

「ツボ」のルーツは東洋医学にある

Image
 
ツボ押しは古代中国に起源をもちます。中国や日本で長年栄えてきた療法です。ツボは体に361個あるとされています。東洋医学において、経絡と呼ばれるれる線が休中に張りめぐらされそこに気エネルギーが通っていると考えられています。気とは自然エネルギーです。生活の乱れやストしスなどによって、この気の流れが滞ると不調や病気の原囚になるといわれています。 一方、ツボは経絡上に並んだ気の出入り口であるとされています。たとえば体のどこかに異常があったり、気の循環が滞っていたりすると、経絡上のツボに反応が出て、押すと痛みやしこりを感じますが、そのツボを集中的に刺激することで、気の流れが整い、症状が緩和します。 ツボ療法の目的は、ツボヘの刺激で気の流れを整え、人が本来持っている白然治癒力を発揮して健康を促進することにあります ツボ療法には、すぐに病気が治るという速効性はないものの、慢性的な症状には有効です.
 
 

ツボとリンパをあわせて刺激するメリットとは

 
ツボとリンパマッサージ、この2つをあわせて行うことに体のあらゆる症状に効果てきめんです。リンパマッサージでリンパの流れをよくして、体内にたまった老廃物や余分な水分を排出させます。さらにツボ押しを加えると、筋肉のゆがみや凝りが解消され、痛みなどの不調の原囚となっていた疲労物質を排出させ、全身の血行もよくなっていきます。リンパの流れと血行、その両方が促されることにより、不快な症状が取り除かれるとともに、次第に体質が改善され、健康になっていくのです。
このように、ツボ押しとリンパマッサージ同時に行うことにより相乗効果が得られるわけです。忙しい人でも手軽に行えるという点も、大きなメリットといえるでしょう。

ツボ押しとリンパマッサージで効果てきめん
ツボ押しとリンパマッサージで効果てきめん

ページトップへ