Home » ヨーロッパでのアロマオイルの位置付け

ヨーロッパでのアロマオイルの位置付け

Image
あなたの家にはアロマオイルはありますか。
最近では雑貨屋など行けば簡単に手に入るアロマオイルでアロママッサージを楽しむ方は多いと思います。
リラックスや美容のために使われていることが多い日本ですが、他の国でも同じように使用されているのでしょうか。
 
 
実はヨーロッパではアロマオイルは医療の位置付けになり、薬局にアロマオイルが置かれていることが一般的だったりするようです。
例えばアレルギーや癌治療にも使用されるそうですよ。
そうすると日本とはアロマオイルへの認識が少し違うようなのです。
 
 
アロマオイルが薬なのであれば人それぞれ必要な成分や分量が異なります。
簡単に自宅で楽しめるアロマオイルですが、アロママッサージや香りを楽しむ際には皆さんそれぞれで合うものを使うと良いでしょう。
また人によってはアロママッサージではなく、入浴剤として使ったり、お香として使ったりと用途も異なります。
 
 
アロマオイルを使用すると効果的なのは血行促進、リラックス効果、アンチエイジングがあげられます。
その他にも意外なことにも使用できるんです。
例えば認知症やベビーマッサージ、花粉症の症状を緩和するために使用できるそうです。
ですから、アロマオイルは幅広い年齢層の身体、精神面で役に立つものなんですね。
 
 
アロマオイルはあなたの体質に合った使い方を見付けることであなたの自己治癒を高められる物のようです。
アロマオイル初心者という方はまず注意事項を含め、しっかり知識を身に付けて色々な方法でアロマテラピーを楽しんで、効果を実感してくださいね。"
 

ヨーロッパでのアロマオイルの位置付け
ヨーロッパでのアロマオイルの位置付け

ページトップへ