Home » アロママッサージの注意事項

アロママッサージの注意事項

Image 最近ではアロママッサージは医学療法としても使われているので、かなり効果が期待出来、更にはお家で自分で始められるところも魅力の一つですよね。 しかしそんないい事だらけのアロママッサージですが、気を付けていただきたいこともあるのです。 まずアロママッサージの際、直接エッセンシャルオイルを肌に塗り込むと肌荒れの原因になります。 例えばラベンダーやティートゥリーの原液を肌に使うことができるのですが、肌が弱い方だと肌荒れになることもあるのであまりお勧めできません。 しかしキャリアオイルであるホホバオイルなどは直に肌に使っていただいても大丈夫ですよ。 キャリアオイルは赤ちゃんにも使用できるものです。 またベルガモットやレモンの様な果実の皮を搾ったアロマオイルですと、太陽の日差しなどの光に気を付けていただく必要もあります。 実はベルガモットやレモンの様な果実の皮を搾ったアロマオイルを使用した後、日光に当たると肌への刺激が強くなってしまい、肌を痛めつけます。 これはシミ、そばかすの原因になりますので、これらのアロマオイルを利用した場合は少しの時間日差しを避けましょう。 お勧めなのは寝る前にフェイシャルをすることです。 そうすると日差しを避け、肌が生まれ変わる睡眠中に効果を見せてくれるでしょう。 アロママッサージは効果が高いからこそ、使い方を間違えると大変なことになってしまいます。 まず使いたいアロマオイルの注意点をしっかり把握してアロママッサージを楽しんでいただければ、最高のリラクゼーションが待っていることでしょう。"

アロママッサージの注意事項
アロママッサージの注意事項

ページトップへ