まつげ美容液の形状による使い方

まつげ美容液には、さまざまな形状のものがあるので、それぞれの使い方や特長をよく知って、効果的に使いましょう。
まず、どのまつげ美容液を使う時でも大切なことは、清潔に洗顔した後に付けることです。
毎日アイメイクをしていると、目元はアイメイクによる汚れや、そのメイクを落とすクレンジングやリムーバーの油分などが残ってしまうことがあります。
そのため、正しい方法でしっかりと洗顔してから、まつげ美容液を塗りましょう。
こうすることで、まつげ美容液に含まれる成分を十分に吸収することができるのです。

まつげ美容液には、「マスカラ(ブラシ)タイプ」、「チップタイプ」、「筆タイプ」と、3つの形状の種類があります。
それぞれのタイプや商品によって正しい使い方があるので、しっかり説明書を読み、それに従って使用することが大切です。
今回は、まつげ美容液の形状による基本的な使い方や、それぞれのポイントを紹介します。

まずは、マスカラタイプ、または、ブラシタイプの使い方です。
これらのまつげ美容液は、上まつげの中心辺りから塗ります。
ポイントは、ブラシをまつげの根元から入れて、ブラシを左右ジグザグに優しく動かしながら毛先に向かって塗りましょう。
今度は、ブラシが縦になるようにして、目頭から目尻へ向かって全体的に塗っていくのですが、この時も、まつげ1本ずつ根元から毛先に丁寧に塗ります。
下まつげは、ブラシを横にして、中央から四方へ広がるように、下まつげの根元から放射状に塗っていきましょう。

次は、チップタイプの使い方です。
このタイプのまつげ美容液は、リップグロスに似た形状なので、塗りやすく、一度に広い範囲に塗れると人気になっています。
簡単、手軽に使えるということで初心者におすすめのタイプですが、一度に塗りすぎてしまうことがあります。
そのため、塗る量に気を付けながら使いましょう。

使い方は、まず、チップが縦になるようにして、目頭から目尻に向かって、チップをまつげの根元に当てて、まつげ美容液で隙間を埋めていきます。
今度はチップを横にして、マスカラを塗る時のように、根元から左右に動かしながら塗ります。
下まつげを塗る時は、チップを縦にして根元から塗っていきます。

最後に、筆タイプの使い方です。
このタイプのまつげ美容液は、アイライナーのように細い筆の形をしているので、さっと簡単に塗れるだけでなく、生え際まで美容成分が行き渡りやすくなります。
ただ、うまく塗れないと、目に入ってしまうこともあるので、慣れていない方にはあまりおすすめできません。

使い方は、目頭から目尻の方へ、根元からアイラインを引くようにスーッと塗っていきます。
アイラインをあまり引いたことがない場合は、1本1本のまつげの生え際を埋めるようにして筆でなぞっていくと良いでしょう。
下まつげも、上まつげと同じように塗りましょう。

まつげ美容液の形状別の使い方を紹介してきましたが、慣れていない方や安全面を考えると、美容液が目の中に入らないように、付属のブラシなどを使うよりも、綿棒を使って塗ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です