まつげ美容液の効果的な使い方

せっかくまつげ美容液でケアするのなら、その能力を十分に発揮できる使い方をしたいものです。
そのために一番守ってほしいことは、まつげ美容液でのケアを毎日続けることです。
どのまつげ美容液も、“育毛”としての要素が含まれているので、長期的に使うものとして作られています。
また、私たちのまつげはビューラーなどのメイクでかなり負担がかかっているので、その日のうちにそのダメージをケアしてあげる必要があるのです。

それでは、どのようにまつげ美容液を使えば効率的にケアできるのでしょうか?
基本的には、朝と夜の洗顔を行った後に使うのですが、なぜそのタイミングかというと、洗顔をして綺麗にするとまつげの汚れも落ちるので、まつげ美容液の能力を十分に発揮させることができるのです。
また、洗顔でまつげはデリケートになっているので、まつげ美容液の成分を効率良く吸収させることができるのです。
こうすることで、まつげだけでなくまぶたのケアにもなります。

肥えた土地には栄養がたっぷり含まれた美味しい野菜が育ちますよね?
それと同じように、まつげのケアも毛の根元から行うのが良いのです。
そのため、まつげ美容液を付ける時は、十分な量をまつげの根元から丁寧に付けるようにしましょう。
また、安全面も考えて、まつげ美容液にマスカラのようなブラシが付いていても、それを使わずに綿棒で付けるようにしましょう。
付属のブラシでまつげに塗ると、まつげ美容液が誤って目の中に入ってしまう危険性も考えられます。

まつげ美容液の成分もよく確認することが大切です。
どのまつげ美容液にも、まつげを健康に保つための栄養となる成分や、ダメージを受けたまつげを補修する成分などが含まれています。
まつげを健康にさせて安全性が高いのは次のような成分なので、まつげ美容液を購入する際に確認してください。

「パンテノール」は、ヘアケアでも使用されている優れた成分で、安全性が高く副作用の心配もないと言われています。
毛の成長を促したり、保湿効果があったり、新陳代謝を促進させたり、髪やまつげに非常に良い効果をもたらします。

「ビオチノイルトリペプチドー1」は、育毛剤でも使用されている成分で、毛にコシやハリを与えて健康に保つ効果があります。

「オクタペプチドー2」は、発毛の“カギ”となる「バルジ領域」を活性させる成分で、健康な毛を育てる効果があります。

「ヒアルロン酸」は、聞いたことがある人も多いと思いますが、高い保湿効果で有名です。
毛細血管の血行を促す作用もあり、血行が良くなることで、栄養分が浸透しやすくなり育毛につながります。

そのほかにも、まつげを健やかにするための成分はたくさんあるので、一度調べてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です